ラティオ 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

ラティオ 買取 相場

ラティオの買取価格をラティオの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【ラティオの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

日産自動車が製造するティーダラティオ(TIIDA LATIO)は、広くて質感の高いコンパクトセダン車種である。車名「LATIO」は英語「Latitude(行動の自由(裁量))」からの造語である。単に「ラティオ」と呼ばれる事もある。2004年10月初代は、ハッチバックモデル、ティーダの派生車として発売された。これまでのサニー購入層をカバーするという意味ではサニー後継車ともいえるが、あくまでも上質なまったく新しいセダンをコンセプトとして開発された。ラティオの特徴は、外見は非常にコンパクトな車ですが、車内の広さにあります。後席やトランクの広さもかなりのものです。後席はレッグスペースもヘッドクリアランスもゆとりがあり、シーマ並みと言えます。トランクスペースも、467Lというコンパクトセダンでは考えられない大容量となっています。一見、ずんぐりむっくりのフォルムで、決してスタイリッシュとは言えない形状ですが、居住性は抜群である。ラティオは、コンフォート、モダンをテーマとして、上質の素材と精度の高い仕上げとなっています。小さいながらも広くて質感の高いラティオは、新生活に向けた最初の一台としてもおすすめで、コンパクトなので女性でも安心して運転できます。2008年1月にティーダと同時にマイナーチェンジし、2011年4月ニューヨークモーターショーにて北米版ティーダラティオとなる「ヴァーサセダン」のフルモデルチェンジを発表した。

【運営者情報】自動車評価学会 ラティオ買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ